つるとんたんに
ついてABOUT TSURUTONTAN

うどんの歴史は古く、約千三百年前、奈良時代に中国から伝来した
唐菓子の一種「饂飩(こんとん)」が転じて「温飩(うんとん)」と表記され、
後に「饂飩(うどん)」となったと言われています。

一方、四国讃岐地方には弘法大使 空海にまつわる言伝えがあります。
遣唐使として唐に渡った空海がうどんの製法を日本へ持ち帰り、
空海の故郷である讃岐地方で貧しい民衆を救ったと伝えられています。

このような伝説が残る讃岐、現在の四国香川で生まれ育った創業者 加藤精一は、
当時大阪では一般的ではなかったコシのある本格手打ちのうどんの店「本家さぬき」を1978年に開業。
これが起源となり四国讃岐のうどんの製法を大阪文化と融合させた
つるとんたんが1989年大阪宗右衛門町に誕生しました。

うどんは「ハレ」の日の食物として古来より日本全国で食されてきました。
お祝い事に欠かせない食物だったということです。
そのような幸せな食べ物を健康的に沢山食べることができる。
まさに健啖であること。
つるとんたんの名称はこれらの三つの意味から成り立っています。

鶴
TSURUお祝い事、めでたきことを表す瑞鳥の「鶴」
飩
TONうどんの長い歴史や起源を思わせる温飩の「飩」
啖
TAN健康に沢山食べることのできる健啖家の「啖」

創業当初から三十年以上変わらず受け継がれてきた
つるとんたんのおうどん。

出汁は北海道利尻の寒さが厳しい冷たい海が育む肉厚の昆布と、
豊富な栄養を含んだ鹿児島枕崎の上質な鰹節から生まれる
上質な味わい。

麺はそれぞれの店舗で打ちたて、切りたて、そして湯がきたての
“あげたち”のおうどんをつくりあげます。

日本一の美味しいおうどんをお届けしたい。
つるとんたんのおうどんには
長い歴史と強い職人の想いが練り込まれています。

HISTORYつるとんたんの
味わい

力強い日本の大地、繊細で美しい日本の水、脈々と受け継がれてきた日本の技術。三十年間守り続けてきたつるとんたんの味わいは、厳選された産地の漁師、職人、農家の方々の手によって丁寧に作られてきました。

四季と気候と食材に真剣に向き合う。技術だけではない、そのものと対峙してきた経験値、そして人々の想いが最高の味わいを引き出します。料理人はその想いを受け取り料理する。

全てはこの一杯のおうどんのために。

  • 1989
    麺匠の心つくし つるとんたん 宗右衛門町店 オープン
  • 2000
    麺匠の心つくし つるとんたん 北新地店 オープン
  • 2002
    麺匠の心つくし つるとんたん 本町楼 オープン
  • 2005
    麺匠の心つくし つるとんたん 六本木店 オープン
    おいしいおうどんつるとんたん TSURUTONTAN BIS TOKYO オープン
  • 2006
    麺匠の心つくし つるとんたん 新宿店 オープン
  • 2009
    つるとんたん 琴しょう楼・楽精庵 オープン
  • 2010
    あげたち 匠の細麺 つるとんたん オープン
    北新地本通り つるとんたん 琴しょう楼 オープン
    麺匠の心つくし つるとんたん羽田空港店 オープン
  • 2011
    つるとんたん TOP CHEFS オープン
  • 2012
    おいしいおうどん つるとんたん 和朗亭 オープン
  • 2016
    TsuruTonTan UDON NOODLE Brasserie 銀座 オープン
    TsuruTonTan UDON NOODLE Brasserie ユニオンスクエア(NEW YORK 1号店) オープン
  • 2018
    TsuruTonTan UDON NOODLE Brasserie ロイヤルハワイアン(HAWAII) オープン
    TsuruTonTan UDON NOODLE Brasserie ミッドタウン(NEW YORK 2号店) オープン
  • 2019
    TsuruTonTan UDON NOODLE Brasserie 渋谷 オープン
  • 2020
    TsuruTonTan UDON NOODLE Brasserie ボストン(BOSTON) オープン